読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足跡の中を旅してる #004 / 中谷美紀 "MIND CIRCUS"


中谷美紀 - MIND CIRCUS

自分の世代だと坂本龍一さんといえば、多くの人にとって最初の印象は「教授」とか「YMO」とか「日本が誇る偉大な音楽家」じゃなくて、それより手前に「ゲイシャガールズの人」「ダウンタウンの番組でよくドツカれてるおじさん(本当はけっこう偉い人らしい)」、そして「中谷美紀のプロデュースしてる人」って印象のほうが先にあるんじゃないかと思います。

ゲイシャガールズがあって、中谷美紀があって、「BTTB」「ウラBTTB」があって、その前後くらいで、やっと自分でYMOや数々のソロ作品を次々と追っていくことになる。そんな順番だったように思います。

 

そんなわけで個人的には坂本龍一さんといえばYMOや、数々のソロやプロデュースにも好きな曲はあるけど、最初にドはまりしたのはこの曲でした。この曲も好きだったし、次のシングル「STRANGE PARADISE」もアホほど聴いた。

今あらためて聴くと意外に「色褪せていない」というには流石に少し無理がある感じもするけど、逆に音から映像から含めてものすごくいいクラシック感が出てるし、何より、この曲全体から感じる、ものすごい透明で繊細な感じは全く失われていない。

シンプルに超A級のJ-POPクラシックだなあと思うと同時に、超個人的には、当時に聴きすぎていたせいで。聴くとどうしても反射的に中学生の頃の校舎とか放課後とか自転車とかウォークマンとかそんなアイテムや光景や空気感が全部思い出されてしまう、そんな曲。